プライバシーのリスク・ベネフィット

ナッジとスラッジを活用することで人の行動を制御できることから、プライバシーの利用にはリスクがあります。ただし、プライバシーは大切な個人の権利ですが、相手を信頼して活用することも必要です。つまり、プライバシーにおける「信頼 … “プライバシーのリスク・ベネフィット” の続きを読む

知的財産とプライバシーは一体。

つまり知的財産が発明者・著作者の人格(プライバシー)の延長であることから、将来的には知的財産権保護の国際的な促進を目的とした国連の専門機関(WIPO)のような仕組みに組み込まれていくと感じます。 World Intell … “知的財産とプライバシーは一体。” の続きを読む

デジタルグリーン証明書フレームワークにおけるプライバシーとセキュリティについて

欧州委員会は、2021年3月17日「COVID-19 パンデミック時の EU 内の市民の安全で自由な移動」を促進するための COVID-19 デジタル グリーン証明書フレームワーク計画を発表しました。そして、6月1日EU … “デジタルグリーン証明書フレームワークにおけるプライバシーとセキュリティについて” の続きを読む

政府機関、IGO、NGO を標的とした高度なスピアフィッシング攻撃 アラート(AA21-148A)

アラート(AA21-148A) Alert (AA21-148A) Sophisticated Spearphishing Campaign Targets Government Organizations, IGOs, … “政府機関、IGO、NGO を標的とした高度なスピアフィッシング攻撃 アラート(AA21-148A)” の続きを読む

プライバシーの先にあるのはナッジとスラッジかもしれない。

例えば、美味しさとは脳の認識に過ぎない。つまり脳の認識は、肘でチョンと突く(ナッジ)ぐらい簡単に騙すことや誘導することができる。美味しさといえば、味や匂い、見た目などあるが、それより先に先入観(お店の評判)によって脳に評 … “プライバシーの先にあるのはナッジとスラッジかもしれない。” の続きを読む

米国のサイバーセキュリティの改善に関する大統領命令

2021年5月12日サイバーセキュリティに関する大統領令が発せられました。連邦政府はサイバーセキュリティへのアプローチを近代化するためゼロトラストアーキテクチャに向けて前進させる決定をしています。 これから世界的な潮流と … “米国のサイバーセキュリティの改善に関する大統領命令” の続きを読む

RSA2021での条件付きアクセスとAzureVMの新しいAzureAD機能

ゼロトラストアプローチに向けて、Azure Active Directory(AD)の新機能がリリースされたようです。アイデンティティは組織のゼロトラストアプローチの中心となり、ユーザーとアプリケーションを脅威から保護す … “RSA2021での条件付きアクセスとAzureVMの新しいAzureAD機能” の続きを読む