テレワークとワークライフバランス

ダナ・スパークス
COVID-19で対処するための在宅勤務のヒント
COVID-19パンデミックの最中にテレワークをすると、いつも働いているような気分になります。
専門家による仕事と私生活の境界を設定する方法を理解して、孤立を避けてください。

在宅勤務者としてのワークライフバランスの鍵は、仕事と個人の義務の両方について境界を設定することです。

始めてみよう

・1日のルーティンを作りましょう。

就業の始まりと終わりを定義するのに役立つ儀式を決めます。たとえば、オフィスへ行くように、毎朝着替えます。仕事が終わったら、服を着替え通勤代わりにドライブや散歩に出かけるか、子供と遊んでください。毎日ほぼ同じ時刻に作業を開始して終了することも役立ちます。

・あなたの自制心を働かせます。

健康的な食事とエクササイズで自分をケアしましょう。誘惑に打ち勝つためには、仕事と私生活の境界を決める規律があなたの助けとなります。

・上司に相談してください。

稼働についてマネージャーの期待と、自宅で起こりそうな事情について話し合います。仕事のメールの確認や仕事のリクエストへの対応を切り上げるのに許容できる時間帯を尋ねます。または、日中は子供たちの世話をしながら時間を費やし、空いている時間で働く事ができる柔軟な代替スケジュールについて同意をもらいましょう。

・家族と話してください。

パンデミックのために自宅で仕事をしていて、家族も自宅にいる場合は、作業の中断に関するガイドラインを用意してください。子供が小さい場合は、仕事をしていて構ってあげられないときでも定期的に子供に話しかける必要があるでしょう。また、子供のために仕事が集中できないことも考慮する必要があります。また、家族や友人に、話したりメッセージを送信したりできる時間帯も考慮を忘れないで下さい。

・送信を押す前に考えてください。

自宅で仕事をするということは、同僚と話したいと思うたびに、メール、メッセージ、またはテキストメッセージを送信することを意味します。リクエストが緊急または重要である事を明確にすることで、同僚の負担を軽減します。管理者の場合は、深夜にメールを送信する場合、従業員が仕事から離れてリラックスして過ごしている事に配慮してください。

・作業に優先順位を付けます。

今、あなたの最も重要な仕事に集中してください。長時間働き続けることはあなたにとっても、あなたの家族にとっても良いことではありません。

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 セキュリティコンサルタント、キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ 会社員 ITコンサル 兼 情シス)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター