調子の悪いMACを修復する

最近Macの調子が悪くなって買い換える人やMacから離れる人が増えている。

結論から言うとmdsプロセスの暴走が原因のようだ。
7/15にCatalina 10.15.6へアップデートしたところ、暫くしてから症状が発生するようになったが因果関係は不明です。
※mdsとは、Meta Data Serverの略でmac標準機能のSpotlight機能を実現するためのサービスプロセスです。

  • しばらくするとCPUファンがうるさくなる
  • レインボー カーソルになり、動作が遅い
  • 頻繁にフリーズし最終的にはエラーが発生する

など、私のMacも購入から1年も経たずに同様の症状が発生しています。
参考までに私がとったSpotlight機能を完全に停止する対策を掲載します。

<対策手順>

  1. Launchpadから「その他」を選択し「アクティビティモニタ」を起動する。
  2. mds_storeやmdworkerと言うプロセスがCPUリソースをほとんど食い潰している事を確認する。※確認できない場合は原因が他にあるため対策を中止してください。
  3. Macを再起動し、CommandキーとRキーを押したままmacOS Recoveryモードに入る。
  4. ユーティリティ メニューからターミナルを起動してコマンド “csrutil disable” と入力する。これによりシステム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)が無効化される。
  5. Macの再起動を行う。
  6. Launchpadから「その他」を選択し「ターミナル」を起動し”sudo mdutil -a -i off “と入力する。これにより検索インデックスの作成が停止する。
  7. Macを再起動し、CommandキーとRキーを押したままmacOS Recoveryモードに入る。
  8. ユーティリティ メニューからターミナルを起動してコマンド “csrutil enable” と入力する。これによりシステム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)が有効化される。
  9. Macの再起動を行う。

なお、Spotlight機能を使うので上記の対策は利用できない方は、手順 6. のみ変更してインデックスの再構築で改善するかもしれません。

  1. Launchpadから「その他」を選択し「ターミナル」を起動し”sudo mdutil -a -i off “と入力する。これにより検索インデックスの作成が停止する。”sudo mdutil -a -i on “と入力する。これにより検索インデックスを再構築して開始する。

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 セキュリティコンサルタント、キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ 会社員 ITコンサル 兼 情シス)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター