首相辞任に思いを馳せる

総理大臣ともなれば様々なスキルが要求されます。例えばプロジェクトマネジメントでは「個ではなく全体を見ること」「先を予測すること」「コミュニケーション」といったスキルが大切です。

つまり、常に全体を見ながら「個人ではなく全体にメリットがある選択肢を選ばなければなりません。例えばメンバーの一人が「私はこの業務は必要ないと思う」と訴えたとしても、全体として必要ならば受け入れてもらうといった判断が必要になるのです。

また、常に先を予測しておかなくてはなりません。もしミスが起こりやすい場面を予め予測して忠告できれば、メンバーのミスを未然に防ぐことができます。そして始めから計画に織り込んでおくこともできます。

更に、プロジェクトマネージャーはチームメンバーから上司、クライアントまでさまざまな人とかかわります。総理大臣であれば国会議員から官僚、国民までさまざまな相手に合わせたコミュニケーションを心がけます。

しかし、必ずうまく行くとは限りません。不慮の事態もありますし、一部の人間にとって不都合なため精神的に追い詰められることもあります。そこで本来の目的を忘れ、内向き思考になってしまう人もいます。

身体を壊してもなお、最後までブレずに目的を遂行する事の難しさを改めて感じます。お疲れ様でした。

安倍内閣総理大臣記者会見

令和2年8月28日

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 セキュリティコンサルタント、キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ 会社員 ITコンサル 兼 情シス)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター