記録がジョギングを楽しくする

ジョギングの目的はダイエットや健康。おそらく好きこのんでジョギングする人の方が少ないのでは。しかし、ジョギングでダイエットを達成するには継続が肝心、だが今一つ続かない事が多いと思う。理由の一つとして、成果が見えづらい事にある。そこで、オススメしたいのがスマートフォンアプリのGoogle FITだ。

上記は私が実際にGoogle FITを用いて約1ヶ月間ダイエットした体重の記録です。あまりにも簡単にダイエットできるので皆さんにもオススメしたいと思いました。
なお、イメージしやすいように私の記録をお見せしますが、歩数だけでなく強めの運動(pt)やカロリー、距離、時間なども計測できます。つまりどの程度頑張ればダイエットに繋がるかを把握する事ができます。

なお、「日誌」から走ったコースもGoogle MAP上で確認できます。

更に、日々のジョギングを振り返る事も可能です。例えば距離についてはカレンダーにバブルチャート形式で表示もできます。参考までに4月の平均は 5.7km/day 約30分程度のスロージョギングです。初心者でもキツくないと思います。ただし、雨の日以外は毎日実行することが重要です。

スロージョギングについて

体が感じるキツさはウォーキングと変わらないのに、エネルギー消費量はなんとウォーキングの2倍。スロージョギングは脂肪を効率よく燃焼させることができるダイエットにはもってこいの運動といえます。

快適に記録する

私はお金を掛けずにGoogle FITを活用したかったのでスマートフォンを活用する事にしました。この場合は2,000円ぐらいのアームバンドがオススメです。装着すると全く違和感がないため快適にジョギングできます。

装着例(スマホで撮影したため、アームバンドにスマホが入ってません)

体重の記録は乗るだけで

オススメなのがBluetoothとペアリングできるMASARU(体重計) 約3,500円ぐらいです。冒頭で掲載した体重の推移はMASARUで記録したデータです。やはりジョギングの成果が目で見て分かるのは励みになりますし、モチベーションの継続につながります。スマホを近くに置いて体重計に乗るだけで記録されるので、日々記録するにはペアリングできる事が非常に重要な要素となってきます。

MASARUはGoogle FITと連携できる上に、体脂肪率や筋肉量も同時に計測されますので、食事やトレーニングメニューを改善するのにも効果的です。

程よい空腹感が気持ちいい

なお、ダイエットは運動と同じくらい食事のコントロールが大切です。私がオススメなのが昼食と間食を抜く事です。私たち人間は有史以来1日1食〜2食が当たり前でした、体の構造もそのように出来ており、成長期を超えて1日3食を続けると過剰な栄養分が蓄積して太り始めます。つまり現在の空腹をほぼ感じない生活が異常なのです。なお空腹時は何を食べても美味しく感じやすいのでバランスの良い食事を取り入れやすくなります。緑黄色野菜と魚介類または肉類やプロテインなどをしっかりと採ることが重要です。

参考までに、私はお腹が空いたら豆乳にコーヒを混ぜて飲むようにしています。筋肉を維持するためにもタンパク質は常に補給したいですし、空腹感を和らげる効果が非常に高く感じます。

今度はあなたの番です。

ここまで、Google FIT について私の活用事例を紹介しましたが、今度はあなたの番です。自分なりにアレンジして活用してみてください。
皆さんのダイエット報告を楽しみにしてます。 Go on a Diet 🔥

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 セキュリティコンサルタント、キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ 会社員 ITコンサル 兼 情シス)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター