持続性の高い組織をつくる

働き方改革の一環として、様々な社内コミュニティに参加しておりますが、課題となるのは取りこぼされてしまう人達を無くすことです。

一方で、パレート的に集団の構造は2割がリードし6割はフォロワー、2割はネガティヴとなります。

パレート的な集団の構造

例えばこの構造を変える為に、2割のネガティヴをカットしても、残ったメンバーの中でまた新たな2割のネガティヴが生まれます。

つまり、パレート的に無くならないネガティヴと組織がどのように向き合うかが解決のポイントになると思います。

なお、メンバーが増えると情報格差が生まれてしまうのも同じく避ける事ができない問題です。

見出し画像
柴田史郎 オープンでフラットな組織が突然「閉鎖的」と言われるとき

すなわち世の中には解決不可能な問題があります。例えば貧困やイジメ、格差問題など釈迦「四門出遊」やキリスト「イエス・キリストのたとえ話」の生まれた2000年以上前からあります。

ただし改善する方法はあります。つまり、リーダーとフォロワーがネガティヴに対して仲間として働きかける文化を持つことです。ネガティヴを支える姿を示すことで、やがてネガティヴからリーダーやフォロワーが育ちます。新たなネガティヴが生まれたとしても支える文化によって仲間として育てられます。

こうしたサーバントリーダーシップが持続可能性の高い組織になると考えます。

同志社大学商学部助教 鈴木 智気
サーバント・リーダーシップ論 : 「リーダーとしてのサーバント」を巡る位置づけとメカニズム

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 サイバーセキュリティコンサルタント、IPAセキュリティプレゼンター、OWASPメンバー、2020年度総務省事業 テレワークセキュリティ専門家 I キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ システムコンサルティング事業部 部長)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター