Twitter API v1.1のステータス/フィルターエンドポイントの廃止を発表

一連のサードパーティ製 Twitter クライアントのAPIにアクセスできなくなる現象について、Twitter社からのアナウンスによれば、2023 年 1 月 10 日に Twitter API v1.1 ストリーミング ステータス/フィルター エンドポイントの廃止を発表した模様です。

お知らせ

2023 年 1 月 10 日、v1.1 ストリーミング ステータス/フィルター エンドポイントの廃止を発表し、2023 年 3 月 9 日を正式な廃止日とします。

Today, we are announcing the deprecation of the v1.1 streaming statuses/filter endpoint, with a formal deprecation date of March 9, 2023. This completes the full retirement of v1.1 streaming endpoints (we previously announced the other components in April 2022 20). We encourage you to begin the migration process to the filtered stream endpoint in the Twitter API v2 at this time.

Announcing the deprecation of v1.1 statuses/filter endpoint | Twitter Developers

これでv1.1ストリーミングエンドポイントの完全廃止が完了します(他のコンポーネントは2022年4月20日に発表済みです)。このタイミングで、Twitter API v2のフィルター付きストリームエンドポイントへの移行作業を開始することをお勧めします。

さらに、本日より、新しいクライアントアプリケーションはv1.1のステータス/フィルターにアクセスすることができなくなります。すでにこれらのエンドポイントを使用しているクライアントアプリの開発者は、この機能が廃止されるまでアクセスを維持します。

このエンドポイントを非推奨とする理由

私たちは、廃止が困難であることを知っており、この決定の背景について透明性を確保したいと考えています。v1.1エンドポイントを維持する労力をTwitter API v2のイノベーションに費やすことで、開発者コミュニティに最も貢献できると考えます。 私たちはv2の代替機能(詳細は後述)への移行を容易にし、v2プラットフォームへの投資を継続します。

v1.1のステータス/フィルターエンドポイントを使用している開発者は、v2のフィルター付きストリームエンドポイントを採用することができます(まだ採用していない場合)。以下のリンクからガイダンスを参照することができます。

管理対象のお客様へ

この移行についてご質問がある場合は、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。

ご質問のある方は、Twitterのコミュニティフォーラムでお問い合わせください。

Twitter 開発者ライセンスの使用制限を追加

2023年1月19日 開発者ライセンスの一部が更新され、正規のTwitterアプリケーションの代替または類似するサービスについて制限が加わりました。

“Twitterアプリケーションの代替または類似のサービスもしくは製品を作成または試みること。”

Developer Agreement – Effective: January 19, 2023
II. Restrictions on Use of Licensed Materials
A. Reverse Engineering and other Restrictions.
C) use or access the Licensed Materials to create or attempt to create a substitute or similar service or product to the Twitter Applications

Developer Agreement | Twitter Developer Platform

投稿者: 二本松 哲也

SPbD:Security&Privacy by Design Founder ー OWASP Member ー ITは人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること ー 競争原理から共創原理へ