コンサルタントとは

コンサルタントは、ノウハウを真似されたり、盗まれたり、ディスられたりしてようやく一人前だと思う。

誰からも真似されず盗まれなかったら
それは間違っているに違いない。

もしディスられなかったら
それは既に常識であって
ありきたりな事に違いない。

手に入れた情報は発信してしまうことで、常に鮮度を保っていくことが大切だと思う。

なぜなら、情報の非対称性によって一部の人々だけが知識を得て、競争優位を獲得した時代はインターネットによって終わったと感じる。

今やテレワークやSNSで全ての人が繋がり、様々な知識や情報が共有される時代となった。知識はすぐに陳腐化してしまう。

これからのコンサルタントは、多くの人々に活躍するチャンスを与え、今までにない新たな価値を生み出すことで、課題や困難を克服することにあると思う。

競争原理から共創原理へ

1980年代ハーバードでは、マイケル・ポーターの競争戦略などを学び多くのMBAホルダーを輩出し様々な手段を用いて企業を牽引してきたと思う。つまり典型的なコンサルタントもここに含まれる。

だが、競争とは勝者を生み、その分だけ敗者を生む行為だ。つまり社会的に俯瞰して見るとゼロサムゲームでしかない。
そして、敗者にとって勝者とは自分を陥れた敵である。例えば野党のように、ことごとく与党の反対をして政策を批判するだろう。なぜなら、自分が敗者となる世の中を変えたいと思うからだ。すなわち世の中が不安定になる方向へと繋がっていく。

つまり競争原理によって、人を競争相手と決めつけ、有益な情報を隠してスキを見せないよう警戒し、用意周到な根回しで交渉して、新しいアイデアや異なる考え方を押さえつけ、リスクを排除するのである。やがて組織全体が疲弊していくだろう。

一方で共創原理は、多様な立場の人たちと対話しながら、新しい価値を「共」に「創」り上げていくこと。 企業の場合は、消費者や協力関係にある企業、社外人材といったステークホルダーを巻き込みながら、プロジェクトを進めていく。競争では無いため、勝者も敗者も無く相手を蹴落とすことも警戒する必要もない。もはや競争とは次元が異なるのである。
こうした組織が、これからの時代伸びていくと感じる。

・競争原理とは

資源配分の効率性の概念である。 これは、個人や集団に必要とする資源が限定されているならば、それを獲得するために競争を行って優位の者がそれを獲得できる、とする考え方である。 社会がこの方法で運営されて行くならば、その成功者こそがより良い地位や財産を得られる。 以上は資本主義の基本原理の一つでもある。

・リタ・ギュンター・マグレイス

Thinkers50による「最も影響力のある経営思想家」トップ50人に選ばれたコロンビア大学教授
MBAコースとともに企業幹部向けのMBAプログラムも受け持ち、「戦略的成長および変革の推進」プログラムを担当している。
奇しくも、2013年にTHE END OF COMPETITIVE ADVANTAGE(競争優位の終焉)という本を出している。

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 サイバーセキュリティコンサルタント、IPAセキュリティプレゼンター、OWASPメンバー、2020年度総務省事業 テレワークセキュリティ専門家 I キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ システムコンサルティング事業部 部長)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター