2021年のデビューに向けてのトヨタの画期的な全固体電池

  • 一回の充電で500kmの旅
  • 10分でゼロからフル充電
  • 安全上の懸念は最小限

”トヨタが導入した全固体電池は、電気自動車だけでなく、業界全体のゲームチェンジャーになることを約束します。”

Toyota Motor President Akio Toyoda speaks in front of an image of a concept car during the North American International Auto Show in Detroit.   © Reuters

トヨタは、全固体電池に関する1,000件を超える特許を取得して世界の頂点に立っている。

この技術は、1回の充電で移動する距離が比較的短いことや充電時間など、従来のリチウムイオン電池で動作する電気自動車が直面する欠点をすべて解決する可能性があります。トヨタは、2020年代初頭に全固体電池を搭載した電気自動車を販売する最初の企業になる予定です。世界最大の自動車メーカーは来年プロトタイプを発表するでしょう。
トヨタが開発する電気自動車の航続距離は、従来のリチウムイオン電池と同じ条件で走行する車両の2倍以上になります。最もコンパクトな車でさえ、内部空間を犠牲にすることなく達成しました。
全固体電池は、リチウムイオン電池の代替品になると期待されています。この革新により、火災のリスクが低下し、エネルギー密度が増加します。
全固体電池を搭載した電気自動車の充電は約10分かかり、充電時間は3分の2に短縮されます。バッテリーは、足元のスペースを維持しながら、コンパクトEVカーの走行距離を伸ばすことができます。

Nikkei ASIA – Toyota’s game-changing solid-state battery en route for 2021 debut

来年のトヨタは凄い。

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 サイバーセキュリティコンサルタント、IPAセキュリティプレゼンター、2020年度総務省事業 テレワークセキュリティ専門家 I キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ システムコンサルティング事業部 部長)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター