プライバシーの先にあるのはナッジとスラッジかもしれない。

例えば、美味しさとは脳の認識に過ぎない。つまり脳の認識は、肘でチョンと突く(ナッジ)ぐらい簡単に騙すことや誘導することができる。美味しさといえば、味や匂い、見た目などあるが、それより先に先入観(お店の評判)によって脳に評価基準が作られ、見た目と味や匂いが一致しない場合の違和感、食べ慣れたものが好きになる(お袋の味)などもあるし、ブランドや価格によって美味しいはずと思い込んでしまうこともある。

つまり、脳に情報を与えると様々な反応があるため、意図した反応を得るために情報をコントロールする方法が存在する。これは行動心理学、社会心理学、脳科学などの最新の知見をマーケティングに活用して商業利用してブレグジットとアメリカのトランプ大統領誕生させた、ケンブリッジアナリティカ事件などがそれにあたる。

すなわちプライバシーとは私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な保障と権利である。それは私生活を監視されず自由にできる保障でもある。しかし、ビッグデータ分析による行動パターンのプロファイリングとそれに基づいたナッジのような誘導手法によって、私生活上の事柄でさえも選択の自由を奪ってしまうだろう。

ただし、ナッジは全てが悪いわけではなく、自分自身にとってより良い選択ができるように人々を手助けすることを目的とする良いナッジと、賢い意思決定や向社会的行動を難しくするような悪いナッジこれをスラッジと呼ぶ。この先、私達はナッジとスラッジを判断し、スラッジを抑制する仕組みが必要になると感じる。

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 サイバーセキュリティコンサルタント、IPAセキュリティプレゼンター、OWASPメンバー、2020年度総務省事業 テレワークセキュリティ専門家 I キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ システムコンサルティング事業部 部長)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター