Apple Car : NEXT LEVEL「Project Titan」

iPhone12ProモデルとiPadProモデルは、どちらもLIDARセンサーを備えている。Appleは車載向けLIDARユニットへ派生する可能性がある。

Appleは自動運転車技術を推進しており、2024年を目標に、独自の画期的なバッテリー技術を搭載できる乗用車を製造することを目標としている。
同社は製造パートナーに頼って自動車を製造することを期待している。そして、従来の自動車メーカーによって製造された車の自動運転システムに統合される可能性もあるようだ。

Apple-MAIN.jpg
Apple targets auto production by 2024 with ‘next level’ battery tech, report says
Reuters

トヨタ自動車やVW、テスラなどと同じくマスマーケット向けの個人用車両を構築するというAppleの目標は、無人の配車サービスのために乗客を運ぶ自動運転タクシーを構築したGoogleの関連会社Waymoなどとは異なる。

車のバッテリーに関しては、バッテリー内は個々のセルに分かれておりバッテリー材料を保持するポーチとモジュールを全て排除することによってバッテリーパック内のスペースを解放する独自の「モノセル」設計を使用することを計画しているとの情報もある。
これらAppleの設計は、より多くの蓄電物質をバッテリー内に詰めることができることを意味し、車の航続距離を潜在的に長くします。またアップルはLFPまたはリン酸鉄リチウムと呼ばれるバッテリーの化学的性質を検討しており。これは本質的に過熱する可能性が低く、したがって他のタイプのリチウムイオンバッテリーよりも安全なようだ。

投稿者: 二本松 哲也

志を持った人たちと、夢に向かって共に働くことが私の誇りです。 サイバーセキュリティコンサルタント、IPAセキュリティプレゼンター、2020年度総務省事業 テレワークセキュリティ専門家 I キャリア(個人事業主 PG→SE→PL→PM→ システムコンサルティング事業部 部長)、資格(2級知的財産管理技能士、個人情報保護士)、IPCC 地球温暖化防止コミュニケーター